学習塾の選び方

Newton TLTソフト中学生全教科全学年  eラーニング 6ヶ月間【ニュートン.jp Newton TLTソフト | Newton e-Learning】Newton TLTソフト中学生全教科全...
126,900円
Newton eラーニング 中学生全教科全学年 6ヶ月間

Ads by 電脳卸


-  |  次の5件 »

学習塾日能研の安全対策

学習塾へ通わせる親御さんの心配は、お子さんの成績だけではありません。犯罪に巻き込まれないか、交通事故に遭わないかといったことも重大な関心事となっています。 

近頃は、子供を狙った凶悪な犯罪事件が多発しています。時代とともに子供たちの周辺の生活環境は大きく変化しています。そのため、大切な子供たちを預かっている学習塾の多くが、児童・生徒の安全対策に積極的に取り組んでいます。


なかでも、学習塾日能研は、子供たちが安心して学習できるように、安全確保策や、非常時への備えに力を入れています。

学習塾日能研では、通塾や帰宅時の安全のために、「光るNバッグ」を使用することになっています。
このバッグは、反射材を採用していてライトで照らされると光る仕組みになっています。
外が暗くなってから通塾・帰宅する子供たちを交通事故から守っています。
また、バッグの肩紐部分には「Nブザー」という防犯ブザーが装着されていますので、犯罪防止に役立ちます。

さらに学習塾日能研では、子供たちの安全を確保して保護者に安心してもらうために、「Nセキュリティ」を発足しました。
Nセキュリティ」のスタッフは、全員が警視庁や県警のOBなどのプロ集団により構成されるセキュリティ組織です。
Nセキュリティ」は、通室や帰宅時間帯に学習塾日能研の教室と最寄駅周辺で、生徒を指導して安全を確保します。
また、地域の警察署や交番、町内会などとも連携して、情報交換や地域ぐるみの安全対策に参加しています。

学習塾日能研は、学習指導の質を高めるだけでなく、生徒が安心して教室に通えるよう、災害防止や犯罪予防、緊急事態への対応など、安全な環境作りの準備を進めています。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関塾の特色

関塾というとフランチャイズ方式で全国展開している学習塾チェーンですが、教室のタイプと授業の形式が2種類あります。


一方は、「関塾進学学院」といい、授業を少人数で行っています。
テストと集中講座を繰り返し行うことで、確実に学力をあげることができます。

もう一方は、「Dr.関塾」といい、完全個別指導です。
Dr.関塾」には、生徒が1人に対して教師が1人のクオリティーコースと、生徒が2人のスタンダードコースがあります。
個別指導なので、勉強の苦手な生徒も納得して分かるまで教えてもらえます。家庭教師学習塾バージョンといってもいいでしょう。最近はこのような個別指導を取り入れるところも増えています。

関塾は、独自の「パターン授業法」という指導法に特色があります。


これは、優秀な教師の授業の中で、共通することを分析しパターン化したものです。
パターン授業法」は、それまでの経験とノウハウだけでなく、新しい手法を取り入れてより素晴らしいものに改善されています。

関塾では、学習することでこれからの将来との繋がりを教えます。
今やっている学習が、受験ではどのように関連してくるかについても伝えます。
つまり、ただのんべんだらりと受験のために学習するのではなく、遠い将来にどのような意味があるかも教えるのです。

また、関塾では、生徒に学習意欲を持たせるために、生徒自身が何に興味があるかを尊重するとともに、自ら疑問を抱かせて自主的に学習することが重要だと考えています。
そのため、関塾では、問題の解き方を定型的・一方的に教えることはしません。
関塾では、自主性や主体性を尊重することで、授業への集中度を高めることができると考えています。

関塾は生徒とその保護者、教室、そして本部が深く接触を持つようにしています。
そのため問題がある場合は、関塾では、組織的に対応してすぐに改善することができるということを重視しています。

| TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大手学習塾と個人経営塾の比較

学習塾に通うことが普通の文化になってしまった日本、建前としての賛否両論はあるでしょうが、現実問題として、近所の子供が全部通塾している状況で、我が子だけ自宅学習というわけにはなかなか行かないものです。無論、家庭教師を雇うのもひとつのオプションですが、家庭教師代は、学習塾の月謝の2倍以上するのが通常です。 

そこで、お子さんを学習塾に通わせることに決めても、さてどこの学習塾にしようか、どんな形態の学習塾にしようか、月謝はどれくらいかかるのか・・・などなど悩みが増えてきます。


まずは、大手学習塾にすべきか、個人経営塾にするかも悩んでしまいますね。

大手学習塾のメリットとしては、情報を多く得ることができることが上げられます。また、多くの合格実績があるため、進路指導に信頼性があります。それに、模試を受けやすいなどの利点がありますね。
また、カリキュラムがしっかりしているという安心感があります。

デメリットとしては、マニュアルに従った授業で、個々の生徒にまで目が行き渡らない可能性があることや、生徒同士の競争に生徒自身がストレスを感じてしまう可能性などです。実際、大手学習塾では、先生に質問しにくいと感じる生徒も少なくないようです。
また、儲け主義だと感じる人もいます。

一方、個人経営塾のメリットは、先生に質問しやすいこと、親身になって教えてくれること、通うのに便利なことが多いため、部活との両立もできるなどです。

また、地元周辺の学校の情報を持っている場合も多く、中間・期末テストの対策をきめ細かに行なってくれる場合も多いようです。
アットホームな雰囲気のため、生徒自身もストレスも感じにくいことが多いようです。

デメリットは、学習の競争相手が少ないため、生徒の意欲が育ちにくいことがあります。
また、大手学習塾で受けられるような模試がない場合もあります。
優秀で勉強に意欲的な生徒にとっては、のんびりしているように感じて物足りない可能性があります。

最近では、ウエブ上に公式サイトを設置している学習塾も多いので、そこから情報を得たり、ご近所や学校での口コミ情報などを得て、しっかり比較検討することが大切です。
いいと思う学習塾があれば、電話問合せだけでなく、実際に訪問して模擬授業を受けてみるなどもいいかもしれません。

| TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公文式学習塾

将棋の羽生名人がずっと通っていたことで有名な公文式ですが、一斉授業を行わずに、それぞれの生徒の能力に合わせた個人別学習が特色となっています。


教室に通うのは週2回で、時間割はなく自分の好きな時間に行って学習できます。
教室が開いてない日は、家庭で宿題になっている教材を使って学習します。
出される宿題は、子供たちが集中してできる分量に限られています。


こうした家庭学習を大切にすることで、子供たちは自分から積極的に学ぶ習慣が、自然と身につくように考えられています。

公文の先生は、生徒一人ひとりの学習の様子を見守り、学力の進捗を確かめ、子供が困っているときに適切なヒントを与えて、丁寧に教えてくれます。


先生はいつも励ましてくれるので、子供たちは安心して学習に取り組むことができます。
教室が開いていない日でも、先生はそれぞれの生徒の学習結果や様子を確認し、次回の教材はどのようなものが適切化を検討します。
公文の先生は、こうした時間をとても重要視しています。

公文で使用する教材は、A5サイズのプリントでできていて、子供たちが容易に取組める学力レベルの程度に作られています。
だから、集中して学習を進められ、少しずつレベルアップしていくので自信を付けながら確実に力をつけていけるのです。


そして、徐々に出題内容を難しくしていくことで、無理なくレベルアップして解いていくことができます。
また使用する教材は長年にわたり合理的に検討を重ねて作られたものなので、学力を定着させられるために、自分だけの力で解けるように工夫されています。

公文は、いつでも子供たち一人ひとりの能力や適性を考え、その成長を見守っています。
さらには、保護者にとっても、信頼できる相談相手となるよう日々努力する塾として信頼を受けています。

| TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習塾と家庭教師

子供の学習のために、家庭教師を頼んで家で勉強させるか、それとも学習塾に通わせるか、迷うことがあります。
学習塾家庭教師、どちらが効果があるのでしょうか?

家庭教師ですが、子供と先生が1対1で行なうので、子供の学力や性格に合わせた指導が可能です。
病気などで休んでも、別の日に振り替えるだけですので、融通が利きやすいですね。
また、家庭教師は、生徒や親御さんの希望に応じて、学校の教科書を使うか、市販の参考書・問題集を使うかなど、自由に決められることが多いようです。
さらに、勉強方法などについても、相談することができます。
状況によっては、家庭教師の先生と子供は、勉強以外でもよき相談相手になることもあります。

それに対して学習塾は、基本的に、1人の先生に対して生徒が複数です。
そのため、集団指導の場合、先生は生徒全員の細かな学力まで把握できないこともあります。
また学習塾では、その塾で使用しているテキストや、学校の教科書以外の質問はしにくいかもしれません。
学習塾の先生には、少し距離があるように感じる子供もいます。
しかし最近では、一斉授業のほかに、個別指導を取り入れている塾や、個別指導のみの学習塾も多くなってきています。

次に授業料のことですが、家庭教師の方が普通は高くなりますが、大学生のアルバイトと直接契約して教えてもらうような場合は、かなり安くなります。家庭教師の派遣の場合は、派遣会社の取り分もあるので、高くなります。普通、派遣会社が5割〜6割を手数料として取りますので、直接契約したほうがかなり安くなります。ただし、子供と合わない場合など、違う先生に代わってもらうことができませんので、家庭教師の派遣業者に依頼するほうがやはり安心です。 

一方、学習塾は、家庭教師と比べると授業料が安いのが普通です。
しかし、受講回数を多くとったりすると、1ヶ月あたりでは授業料が変わらない場合もあります。

最後に先生についてですが、家庭教師は、生徒の学力や学習の進度にあわせて指導の内容や計画を決定していきます。
したがって、先生と生徒の相性が合わなかったり、先生が苦手な分野を指導する場合は、しっかりと指導ができない場合があります。しかし、そのような場合でも、しっかりした業者なら、より相応しい先生と交代してくれます。
相性が合い、指導能力の高い先生と出会えた場合には、学習塾よりもかなり大きな効果が現れると思います。

しっかりした学習塾では、ある程度決まっている指導方法(テキスト・問題集を含む)とカリキュラムのマニュアルがあります。
先生はそのマニュアルに基づいて指導するので、どの先生でも平均的に優れた授業ができるのです。

このように、家庭教師学習塾では、どちらもメリット・デメリットがあるので、お子様の希望も聞きながら、お子様に最適な方法を選択してあげてください。

| TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
Copyright © 学習塾の選び方 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます